狼と香辛料(1)

狼と香辛料 (電撃文庫)
支倉 凍砂 / / メディアワークス
ISBN : 4840233020
スコア選択: ※※※※

色々なライトノベルを読んだ結果、自分の趣向に関して得た事実が二つ。

・頭の悪い文章は読む気がしない。

・妙にインテリぶって、非常用漢字や漢字にフリガナふりまくる文章は嫌だ。

そう言う意味ではどちらにも属さず、それでいて話に引き込まれる作品でした。

劇的な刺激はあまりありませんが、手順を踏んで一つずつ進んでいく感じが安心して読めます。世界観がしっかりしているんでしょうね。続きが気になる作品です。

Tags:
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中