JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた – エクサの口に戸は建たないをやっと読んだ。というか見た。
なるほどなー、と感心する反面どうもTommorow never knowsにしか聞こえない罠。

まぁ、投稿者の方の主張している理由というのが

「メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感」

というのには、納得です。
割と曲を作っていると、メジャーだかマイナーだかわからないけど、とにかく使いたいコードを使っちまえっていうのはあると思うんですよね。そして、それが耳なじみよければOK、となると良く聴いた曲の進行になってしまいがちになるのも頷けます。

個人的には、民族チックな和音やらメロディのほうが好きなので、ふーんで終わりますが。

Tags:
広告
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中