愛がいない部屋

愛がいない部屋 (集英社文庫 い 47-5)
石田 衣良 / / 集英社
ISBN : 4087463044
スコア選択: ※※

掴まされた。

今度は悪い意味で。懲りずに買ってしまった。恋愛小説フェア(笑)がやっていたので、なんとなく買ってしまった。帯をしっかり読めば良かった。

「DV、セックスレス、不倫。切なく胸を締め付ける恋に、光は射すのか――。」

この帯で避ければ良かった。1ポンドの悲しみなどで良い印象を持っていた氏の恋愛小説だが、この作品は毛色が違う。私にはあわない。

全てが女性視点で書かれていて、男がダメなのだ。しかも、それが全て女性に悪い部分はないように描かれている。そして、出てくる男性は大抵「仕事に生きている」のである。それが、非常にリアルなのである。つまり、自分もこの男と同じように堕ちてしまうのではないか、そういう不安をかき立てられる。特に、最後の表題作「愛がいない部屋」では、「あの手の男は、みんな最初のうちはそうなのよ。それで手のひらを返す」「所帯をもった最初のうちは、敵も尻尾をださないものよ」など、強烈な言葉が投げかけられる。

一方的に攻められる気がして、良い気分ではない。おかげさまで大分落ちた。小説に求めているのは爽快感というエンターテイメントなので、ちょっときつかった。

Tags:
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中