「デジタル教科書教材協議会設立シンポジウム」参加しました

さる7/27に、デジタル教科書や教材を推進する民間中心の団体、デジタル教科書教材協議会が発足しました。
シンポジウムの内容は、各種記事がまとめていますし、内容の要約は、片山さんがこちらにまとめてくださっていますのでご参考にしてください。
Usreamは前半がこちら、後半(孫氏講演から)がこちらにあります。

会場には600人超、ニコ動・Ustなどネット視聴は1万人以上(翌日の文科省の懇談会で報告されています)というほどの熱気でした。ソフトバンク孫氏の終始熱いプレゼンに会場が魅了されていたようにも思います。また、藤原氏の軽妙なトークも会場が湧きました。デジタル教科書に対する期待が伝わってきたと思います。
一方で、先にものを作ってしまえ、実証実験してしまえ、という姿勢は、子ども達に何を教育すべきなのか、それは本当にデジタル教科書・教材が答えなのか?というところが、孫氏、藤原以外ほとんど触れられておらず残念でした。(孫氏にしても、子ども達に感動を、という曖昧な主張をされていたのみで、現場の先生には「視聴覚教室や電子黒板でいいじゃん」と反論されそうだと思いました。)
藤原氏が「DSなどICTを活用したドリル学習による学力向上は証明されている」と述べたのに対し、小宮山氏が「私は本当に証明されているとは思わない。後でご議論をさせてください」というやりとりが、会のバランスがとれているという意味で健全な議論ができるのではないかと感じました。

登壇者の主張をまとめると、下記のような印象でした。

○三菱総研 小宮山氏
知識が爆発的に増加・細分化し、絶えず変わっていく中で先生もついて行けない。
これら全ての問題がITで解決できるとは思わないが、答えの相当を担うだろう。
スピード感を持って、どんどん良いものを実証実験で検証を行っていくべき。(ラピッドプロトタイピング指向)

○慶応大 中村伊知哉氏
現状のデジタル教科書の状況、他国の状況のよいまとめをなさっていました。

○マイクロソフト 樋口氏 (なんとかビジネスモデルを確立したい)
今の日本はやばい。
東芝CM1でデジタル教科書のデモ実施。
海外で展開できるビジネスモデルを確立したい。

○ソフトバンク孫氏 (強いリーダーシップを発揮するための二元論的論理展開)
30年後の日本が生き残るためのビジョン展開として、知的レベルの向上を提案。
結果の平等を批判。国内で格差がなくなっても、国際的な格差が生まれる。
30年後の企業人が求められるもの=リーダーシップ、競争意識、知的能力、グローバル交渉力
プレゼン能力、思考力、検索能力、分析力を学校教育で教えるべき。
丸付けなどITの得意なところはITに、人間の先生がやるべきところは先生に。

○学芸大藤原氏
協働的学びの模擬授業の実践と、それに対してクラス全員の意見を集約するのに情報機器が必要だという主張。
ドリル学習などの反復学習は、機械なら99回間違えても100回目に正解すればほめてくれる。人間だとこうはいかない。(これは教員を馬鹿にしているとの批判も考えられる)
校長がダメだから、多くの校長を変えろ。

というわけで、細かくメモったものをまとめもせずにはっつけます。備忘録代わりです。
2010/07/27 13:30-16:10
デジタル教科書教材協議会設立シンポジウム
@明治記念館 曙の間

———————————
1. 開演・挨拶
○三菱総研理事長 小宮山氏
教育が難しくなっている。知識が爆発的に増えて処理しきれない。
知識が増えすぎて細分化している。
企業でもどこの社会でもそう。教育もまたそうである。
変化のスピードと量が速すぎて先生もついていけない。

これらの問題の全てがITで解決できるわけではないが、答の相当を担うだろう。
英語教育は期待できるのではないか。日本の芸術も重要な問題。

良いものが出ないうちに悪い点ばかりが強調されると、せっかくのモノが生きなくなるので、良いものを早く作るべき。

○原口総務大臣
一つの確認。
可能性の確認をしたいと思い参加。

松下政経塾の話。
NASAの実験。月で10時間生き延びろという問題。
1人は生き延びられない。3人75~80%生存。
お互いがつながる中で変わる世界。

電子教科書→子どもたちの様々な可能性を引き出す
総務省、10カ所のフューチャーズスクールを実験
良きものに触れることで、子どもたちの可能性を広げる。

テストの隅っこにあった中原中也の詩。数学と詩のリズムが似ていることを感じ、世界が広がった。

インドは1ヶ月1800万台携帯電話が増えている。内向きに足を引っ張りあう政治を、世界を変えていきたい。
全ての人にチャンスを→障害者によって押し花で作られた名刺。
障害はその人にあるのではない、社会にあるのだ。
今まで出来なかった可能性が広がる→チャレンジド

○(鈴木寛文科副大臣 欠席)
→鈴木寛文科副大臣生涯学習政策局参事官 サイトウ氏

DiTTは子どもたちがデジタル教科書を持つ環境を整備し、政策提言をする協議会。
努力に敬意を表する。

学校現場では、ICT環境の整備が進むが、ハードの整備はまだまだ。コンテンツ、ソフトもこれから。
文科では学校教育の情報科に関する懇談会を4月から開催している。
明日の第8回では骨子を提供。

5月、政府IT戦略本部、新たなIT政策戦略が出された。
今後モデル事業により総合的に実践研究を行う予定。

21世紀の子どもたちにふさわしい教育、という観点から、授業の方法、コンテンツのあり方、健康に与える影響など議論を。

○中村伊知哉氏
DiTT概要。

米国党に比較してPC,インターネットの学校への普及が遅かったが、
政権交代で本腰を入れて取り組むことに。

IT戦略、知財推進計画2010両方で、デジタル教科書・教材などの「教育コンテンツの充実」が掲げられる。
2014年頃にはデジタル教科書本格展開、2020年には21世紀にふさわしい学校教育を。
企業+学校現場の人とオープンに議論していきたい。

目標。全ての小中学生がデジタル教科書教材をもてる環境を提供すること。

2つの委員会
– 未来モデル委員会(機能スペック)
– 普及啓発委員会(普及活動)
– WG
未来モデル36社,普及啓発21社、
幹事会社19社、一般51社
富士通,NEC,KDDI,SB,MS,SONY等

21世紀にふさわしい学校や学びの実現
デジタル化のメリット、etc…

有識者、研究者のコミュニティもこれから

会員アンケートから紹介
事業計画

Twitterから
・学校制度が変わる
・現状からスムーズに移行しないと
・学生は国の宝
等々

海外の動き
BECTA(イギリス) Home Access Programme
韓国KERIS
CLRN(アメリカ) Free Degital ~
iDEA(シンガポール) フューチャースクール

アメリカ、カリフォルニアでEDUNET 2.0(デジタル教科書プラットフォーム)

日本
電子黒板向けプラットフォーム
NICER 教育情報ナショナルセンター(国教研)
青山小学校(一人一台のPC、無線LAN、立方体の展開図を作る授業)
八幡市 NintendoDS
柏市立旭東小学校 学習履歴の活用
和歌山市

ソフトウェア
・ランドセル
・BE-GO Global
・DS(えいご漬けなど)、PSP(もえがく)

NHKデジタル教材

携帯で勉強するサイト。(Sammy Networks)セガサミー?
実力診断ケータイ模試動く参考書 合格!メントレ

賢く楽しく安全に勉強できる環境を提供

映画社から、中学理科、平和人権教育DVD等のコンテンツ

2009年度3ラーニング市場
B2B550億円、B2C288億円ソフトウェアラーニング324億円
トータル1162億円
学校外の教育費用1万7千円/月

CM1(日本)
マゼランパソコン(ポルトガル)
OLPCXO-3(アメリカ)
the Kno(アメリカ)

Solar walk,元素図鑑など世界でも通用するようなコンテンツを
→コンテンツ産業の活性化へ

2.講演
○「情報化社会におけるデジタル教材のあり方」マイクロソフト樋口氏
現段階でのイメージ作りの参考になれば。

・日本の競争力
本当に日本はやばいんじゃないかと感じる
景気の後退、新興国の台頭によりvisibleに
-実社会の現状
日本存亡の危機(内向き/ガラパゴス/エネルギー欠乏症(世界に打って出るパッションがない))
外需からの発想(×国際競争力)
外需を機転として、それにあわせた研究開発・マーケティングをしていかないといけない。

-今までの日本の教育
*知識重視(ゆとり時代は知識量さえ減った)
*平均に合わせた授業
*時代の変化に追いついていないカリキュラムと環境

– 教育も変革が必要
*実社会で機動力が発揮できる人材を
*諸学校から世界目線の授業
*常に近代化へ対応する

・国際競争力を高めるために個人レベルで必要なスキル
-基礎スキル
英語力(第三外国語)←楽天、ユニクロみたいに極端に一度するべき
ICTスキル←基礎として付けるべきスキル
-実践的スキル
問題解決力
コミュニケーション力
創造力

・デジタルであれば。。
今は、正しい情報を瞬時にとってくる能力が大事
常につながっている時代、つながっている人のノウハウを生かす
シミュレーション、音声道が、描画、共有、共同作業、プレゼンテーション、ノート、メモ、検索、分析
ITをうまく利用して、教育の目的を忘れないで推進することが大事

・マイクロソフトの考えるデジタル教材
インタラクティブ型教材
シミュレーション、拡大縮小、自動集計、マルチメディア、ユーティリティ連携(電子ノート、電子辞書、検索、関数電卓等)音声読み上げ
メモ書き込み、

・デモ(MSパブリックセクターエディケーションシニアインダストリマネージャ滝田裕三)

・Libretto W100の紹介
– 電子書籍ムービー

・CM1の紹介
CM1+デジタル教材
東芝、イースト株式会社、株式会社インターチャネル、に協力してもらった

・デジタル教材デモ
松尾芭蕉の俳句 on CM1
– 紙に近いめくる動作
– ビデオの埋め込み
– 地図
– 星空(bingの??スコープ)
– 書き込み
– アクセシビリティ(音声合成)
– クイズ
– Wordからのインポートも可能(拡大縮小、プリンタ、検索、辞書連携)
– ノートを取れる(OneNote)
– デジタル教科書からプリント作成
– 手を挙げる代わりに、先生を呼ぶ

(デモ終わり)

・将来像
学校、業務効率化、インタラクティブ学習/グループ学習/個別学習
地域、ボランティア
家庭、成績/宿題/連絡等々

○「情報革命と教育変革で実現する日本の成長戦略」ソフトバンク孫正義
教育なくして日本の将来はない

・30年後の日本の姿
競争力の低下、医療費倒れ、財政の悪化、GDPの低迷、下がり続ける賃金
失われた20年が、このままでは50年になってしまう!
今の新卒は、生まれてほとんど成長を体験していない。
50年続けば成長の実感を忘れてしまう

・No.1を目指さなくなった国
#スパコンは要らない。PC何百台でグリッドコンピュータで良い。国費を使うな。

今日本に必要なもの=「理念」
・理念
日本人が豊で幸せで自身と活力にあふれる社会
→理念実現のための条件 日本の国際競争力を強く

・ビジョン
5年以内に再生の道を。日本は資源の内国
IT立国、金融立国、知識立国

人口が減っていくならば、知的レベルを上げていくべき
情報産業が成長戦略の柱
伸びるところを伸ばすと、「格差社会反対」と言われる
世界から「格差」を付けられてしまう
一緒に手をつないでゴール、は国際競争にさらされていないときのみ

・戦略
教育の変革

海外留学者ランキング
米国への留学生
インド、中国、韓国、カナダ、日本
中国への留学生
韓国、米国、日本、……

ハーバードは中国・韓国人が10年で倍、日本は減っている
→学長「存在感の薄い日本人学生」

日本は賃金で負けているのではない、知的レベル、技術力で負けている
サムソン一社の営業利益が日本国内電気8社以上

・30年後の企業人が求められるもの
今の10歳が30年後は働き盛りの40歳
小中学校で学んだことが30年後に役に立つか?を考えて教えるべき

・30年後の企業人が求められるもの
-リーダーシップ
-競争意欲
-知的能力
-グローバル交渉力
原稿棒読みして交渉力ない

プレゼン能力、思考力、検索能力、分析力
年号を覚えるよりも、何故幕府ができたか?倒幕されたか?を分析するのが大事
今までの教科書は間違っている
30年後役に立たない内容が多すぎる

・学生・教師 2000万人に電子教科書を無料配布
財源は子ども手当13000円から280円/月/人(6年リース)

280*12*6*20000000=403,200,000,000円(2000万人のお金)

通信代はソフトバンクが負担
HWメーカーは利益度外視で供給する
紙9年分よりより電子教科書の方が軽い

発音記号
アメリカ人が分からないものを、何故教科書に載っているのか?
or[a]nge
ae? i? →本質的にはどうでも良い箇所では……

見ること聞くことで想像力を重木
子どもたちが自分から学ぶ、好奇心を刺激する、感動させる

習熟度に応じた学習
過去のテスト結果を自動分析、弱みを克服
ゲーム感覚→面白くて自主的にやる
学習計画やプロセスを管理

・デモ
iPadによるデモ

英語の教科書による発音デモ
実力分析結果を表示
先生へ質問

理科
昆虫の動画
クラス全体の分析結果を表示

教科書も入る。先生と生徒、先生同士のコミュニケーションも可能

教育現場のニーズ(小中学校 文科白書2010)
許可書の内容に即したデジタル教科書を ?

教科書、副教材、教え方が選べるように

教材・知恵の共有
副教材のランキング(教え方ランキング)

NHKアーカイブスの活用

大人が欲しくなるような電子教科書を

先生同士・生徒と先生の教育Twitter

韓国、2011年デジタル教科書使用義務化(2007年実証実験開始)

日本のマイルストーン案
5年で準備完了
2009年原口ビジョン提示、2010年 モデル校選定(小中高100校ずつ)
2015年デジタル教科書を全小中学校に配備

@naoyako 教育リソースの無駄は「丸付け」計算ドリルの丸付けはITに

添削業務、出席管理(校務分掌)をITへ

100%の電子教科書へ

教育は一部の文科省、先生の管轄ではない。日本国民の管轄

3.パネルディスカッション
コーディネーター
中村氏
パネラー
小宮山氏
藤原氏(学芸大)
孫氏
大井川氏(MS)

○藤原氏(副会長)
文科省、中教審特別部会を抜けてきた。
実証したことを今日は話す。

デジタル機器なしで、必要性を訴える模擬授業をやる。

日本の教育の問題点=正解主義が強すぎる
情報の編集力(自分・他人の知識、経験を使い組み合わせる)
正解主義の呪縛を外さないといけない。

体験

◇タイヤに付加価値付けて、新しいものを創造してください
「分かる人」というと手が挙がらない。正解できる人しか、アイデアを降るセンテンスが言える人じゃないと挙げられない。
5人手を挙げて、35人は思考停止する

(授業の邪魔をする子は小2までは指されるが、小3以降は放置される)
同じテーマでもう一度
・3人でミニブレストを
・最初はくだらない案を(ex:四角いタイヤ→止まると盗まれない。形状記憶ゴム)
・皆の意見でも人の案でもいいから一斉に言う

正解主義より修せ主義が大事(成功へはぱくりが大事)

例えば「色」
フォークリフトのタイヤは白い。

孫さん
タイヤの溝が会社名

デジタル端末だと、子どもたちからの発信を取れるようになる
大阪の柴島高校で実践
自分の携帯で、意見を一斉にメールで送信→黒板に一斉表示。C-Learningというソフト(ブレストツール?)
子どもたちの側で、情報編集・プレゼンが増えなければいけない。
子どもたちからの発信が増えるべき。

◇反復を伴う学習
先生、親は子どもが反復伴う学習で間違えるといらだつ。
デジタル教材は99回間違えても100回目で正解すれば、怒られない。ほめられる。
日本の熱心な親・先生ほど怒ってしまう。
自己肯定感は日本人が低い。
教員(人間)がフォローしなければならないことに特化してデジタル教材と分業。

iPhoneで読める「はじめて哲学する本」(ディスカバー)を今週発売。
日本の出版社は、テキストそのまま、PDFを流し込めばOKと思っている。iPhoneにはiPhoneのフォーマットが必要。210字横組みの

8月「35歳からの幸福論(幻冬舎)」
iPad向け電子出版が1ヶ月後にでる。
書籍では見れないアニメーションで最初に書籍の全体像が見れる。
親子で学べる哲学書
メディアにはメディアに合った特性がある。

○陰山氏(副会長)
教育改革が各国が熱心になっている。
一方、コンピュータは進歩していて教育に使えるものが本格的になってきた。
→デジタル機器をいかに教育で活用するか?を考えるため協議会を設立

子どもたちへのメリット。自分にふさわしい教材が手に入れられる。
世界中へ発展・応用的なコンテンツが手に入れられる。
教師のメリット。
ハイパーリンクを張っておけば教材にたどり付けられる。自分の教育にふさわしい教材を得ることが出来る。

参加者へのメッセージ
世界のトップランナーとしての教育システムを、デジタル化により実現してほしい。
世界があっと言うような新しい教育システムを実現したい。

○アランケイ氏
なぜPCが進化してもまだ教育に使えないのか。
既存のメディアをコンピュータが簡素化のために使っているだけで、新しいことをしていなかった。
教育が改良する事に対して保守的だった。
アメリカがPCを教育に導入するための失敗。
USでは教育が情報の寄せ集めと考えられている。

「子どもが何を必要としているのか?」これがPCを教育に生かすのに必要
我々の想像力が限られていたら、PCで出来る子とも限られる。
Expanding Imagination, change existing item
現在と過去に縛られている(トレンド)。ここから開放されないといけない。
未来の仕事へ向けたものをする必要がある。fundamental process of thinkingが大事
PCは近代的な学問を動的に表現することが可能。実際に実験することが大事。
新しい指導方法を生み出す機会

(YouTubeで動画有り)

○小宮山氏
ピッチあげてスピード感をもって実行を。

語られていない困難な点がある。例えば
・先生が使いこなせるようにする方法は?
・教育は1科目約50分で1学期続ける、毎日の積み重ねが重要。
・微分方程式が自動的に解けてしまい、それまでのやり方が通用しない
実験の計画は相当練らないとダメ。

・社会人がもっと教育に参加することが重要。60代の同級生は時間がある。
・スピーディーに実験をやるべき。そして、次の実験へつながる分析をきちんとすべき。

2012年、13年までに相当な規模で展開すべき。

○孫氏
文科省の一部の先生方、官僚が密室で議論して教育方針を決めているのではないかと疑っている。
文科省の懇談会ではキーマンの何人かの目が死んでいた。
(その回が)非公開だった。公開すべき。

文科省としては、新たな負担は0で。
紙を提供するのは、エコに反する。
主教材が電子教科書、副教材が紙の画用紙など

○大井川氏
Q.日本はやばいという話が出たが、前倒しする必要があるか?
世界の中ではそんなに実現はまだしていない。
動きが急ピッチになっている。ここ2,3年でUK,ポルトガル、シンガポールへと急に戦略的に展開している

コンテンツ、ソフトウェアは既にいろんなところにある。
今あるものを編集するだけでも、かなりのものが市場に提供できるのでは。

○孫氏
2020年は絶対遅いと思う。5年あれば絶対出来る。
5年後は100%配る覚悟で。

○中村氏
協議会は政府の計画を前倒しする立場。
壇上にいるのは過激派。
慎重論もある。

○藤原氏
デジタル教材になるとコミュニケーション力が薄くなると言うが、そうではない。

コミュニケーションを45分中5回やる。

和田中で半数はやっている。
分数ができないけど、授業中小学校からやり直しできない。土曜日に塾講師にDSでやらせたら軽度の発達障害の子も含めて成績向上。
問題行動を起こす性格が激しい子も、自分をコントロールできるようになった。生活指導上の向上も証明されている。

大阪250校で取り組んでいることを、サボっている。
教員はまとも。校長がサボっている。校長の7割、2万人はやめていただきたい。
左から右への管理は出来るが、創造的なマネージメントができない。

英語、電子ボードで効果があった。

○孫氏
モデル校を作っている内に、教材も出来るので、先にモデル校で先進的な事例を積み上げるべき。
過去の経験にとらわれている古い人々が抵抗勢力になる。30年後日本に大半はいない。無責任に口出ししすぎるな。昔に引きずり戻さないでくれ。

○大井川氏
自分たちの製品をどう教育に生かすか、をモデル校で実験してきたが、コンテンツが足りないし、ハードも最適とはいえない。
モデル校で実証実験を行えたら面白い実証実験ができる。

○藤原氏
「はじめて哲学する本」を読んで欲しい。
次に電子版を見て、編集がどのように違うのか?を見て欲しい。
次にiPadを見て欲しい。
どのように編集が違うかが分からないとNG。

一番大事なのは、校長(のマインド)を早く変えるべき。
校長がやると言えばモデル校になる。校長が上がりの職になるから、出てこない。
回線ではない、人と人とのネットワークを構築する
民間校長を増やすべき。これを増やす手立てを講じていく。
民間校長100人→40人
民間人の経営参画を

○孫氏
日本の教師130万人のうち、10人命を捨てろ。
日本の天下国家のためなら、命はいらない、という根性を据えたら教育革命ができる。

4つの夢の選択肢。真剣に小学校の先生になりたかった。
小学校の先生になっていたら命を捨ててでも、教育革命に取り組む。

○大井川氏
この壇上のメンバーを見ていると、縮み指向の日本でもすばらしい人がいる。
海外に出るときのビジネスモデルを作っていけたら。

○小宮山氏
少し違う活動をしている。
プラチナ構想ネットワーク(8月末に幹事会スタート)
日本の1700自治体のうち1件一つ5,60自治体で、プラチナ社会を作りたい。大学も含めていく。

いきなり全部を変えるのは難しい。良いものを見せて、変えていかないといけないと思って変わっていく。
北九州市、京都市、……
市長が本気でプラチナ社会に向かう人でないといけない。
HW/コンテンツの実証実験したい人が多いと思うが、それを探していくつもりである。
良い教育委員会も5つくらいあると思う。連続して使えるコンテンツを作っていく。
日本の教育がここまで進んでこれたのは、普通の先生が良い講義をしていたから。長嶋(天才)ばかりではいけないので、普通の先生にもできる方法、納得できる方法を議論したい。

2015年目標に全体にデジタル教科書教材が行き渡るように。

広告
カテゴリー: 教育 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中