「学校教育の情報化に関する懇談会」 第8回のメモ

先日7/28に開催された「学校教育の情報化に関する懇談会」第8回の聞きながら書いたメモです。動画はこちらにありますので、きちんとしたものはそちらを参照ください。

今回の議論の目的は、修正された教育の情報化ビジョン骨子(案) を確認、議論することです。
ビジョン骨子自体はWeb中継が始まってから15分後くらいにひっそりと公開されたので、まだきちんと目を通していません(早いうちに確認したいです)。教育の情報化ビジョン骨子(案)の概要 が用意されていますのでそちらも参照ください。

個人的に重要と思ったものを、メモから抜粋してきます。
一言でそれぞれまとめると、

  • 日常的な経験から協働的な学びを(玉置委員)
  • グラフィカルなCGなどパッシブなわかりやすいコンテンツではなく、抽象化・モデル化能力を育てる訓練を(新井委員)
  • 情報を仮説を持って能動的に収集できるようにすべき(村上委員)

という感じでしょうか。日常からの協働的学びと能動的な情報収集、情報処理能力という点は非常に共感できます。
○玉置委員
協働的な学びを日常から子どもたちが経験することが大事では?
日常生活のはてなを書き込んで、子ども同士で議論・解決をする。子供版熟議カケアイ、美術作品の見せ合いなど
日常的に情報端末を使い、学校の中できちんとコミュニケーションをできるようにすることで、21世紀にふさわしい学びができるのではないか。
活用が広がるような例を。

○新井委員
「わかりやすい」に関する懸念。
デジタルコンテンツは、「電磁場、惑星など観測・実験などで確認できないものを、見ることが出来るようになる。数式よりわかりやすくなる」という一般的な考えがあると思うが、これは逆ではないか。
惑星の大きさを物差しで測るのではなく、モデルと数式でこうなっているのではないか?と考えるのが骨である。理科の考え方は、少量のデータから抽象的なモデルを作ることが重要。パッシブなデジタルコンテンツでは代替は不可能、むしろ悪化させる。
またデジタルを活用する方法として、データを班ごとではなく、クラス全体で共有するというような、協働学習のベースとして情報機器を活用するべき。

○村上委員
今の学校でデジタル黒板などを使ったときのイメージが、わかりやすい以外が見えないことに懸念。
情報化がもたらしたものを教育でどう使うか?は書かれているが、膨大な情報を能動的に仮説を持って取りに行かないと何の意味がない。プロダクティブに仮説を持って取りに行こうという子どもたちが出てくる。
わかりやすい授業をやることで、こうした環境で生き残れる子どもができるのか。
ゆとりで足りなくなったコンテンツを増やしても、情報を仮説を持って取りに行けないと意味がない。

以下、聴きながらとったメモです。

2010年7月28日(水)
学校教育の情報化に関する懇談会 第8回

——————
○変更点説明

○陰山委員
「教科内容により深い理解「と表現」が得られる」
検討していく、など言い回しが弱い。タイムスケジュールや早急に、というような時間に関する文言を。
付属学校による教員養成について。

○千葉委員
情報化の陰への対応
「学校は家庭との連携」とあるが、「地域・関係機関」との連携も

○堀田委員
相互的な推進体制の強化。BECTA,KERISのようにNICERを活用。
BECTA,KERISは政策動向を学校現場に普及啓発をしているところが、大きな役割を果たしている。

○重木委員
情報端末は、学習者向けデジタル教科書だけでなく、デジタル教材、指導者用デジタル教科書も含めたものを対象として欲しい。

○玉置委員
協働的な学びを日常から子どもたちが経験することが大事では?
日常生活のはてなを書き込んで、子ども同士で議論・解決をする。子供版熟議カケアイ、美術作品の見せ合いなど
日常的に情報端末を使い、学校の中できちんとコミュニケーションをできるようにすることで、21世紀にふさわしい学びができるのではないか。
活用が広がるような例を。

○五十嵐委員
HW/SW/デジタル端末のそれぞれの機能の役割分担を明記して欲しい
資料3に、大事だと思う点をまとめた。
協働学習などだけでなく、わかりやすいだけでない深める授業を
付属学校による教員養成について、強化を。

○三宅委員
「わかりやすい授業」、文脈がないと、「今の授業がわかりにくいからITで変えるんだ」としか受け取れない。

○新井委員
「わかりやすい」に関する懸念。
デジタルコンテンツは、「電磁場、惑星など観測・実験などで確認できないものを、見ることが出来るようになる。数式よりわかりやすくなる」という一般的な考えがあると思うが、これは逆ではないか。
惑星の大きさを物差しで測るのではなく、モデルと数式でこうなっているのではないか?と考えるのが骨である。理科の考え方は、少量のデータから抽象的なモデルを作ることが重要。パッシブなデジタルコンテンツでは代替は不可能、むしろ悪化させる。
データを班ごとではなく、クラス全体で共有するというような、協働学習のベースとして情報機器を活用するべき。

○村上委員
今の学校でデジタル黒板などを使ったときのイメージが、わかりやすい以外が見えないことに懸念。
情報化がもたらしたものを教育でどう使うか?は書かれているが、膨大な情報を能動的に仮説を持って取りに行かないと何の意味がない。プロダクティブに仮説を持って取りに行こうという子どもたちが出てくる。
わかりやすい授業をやることで、こうした環境で生き残れる子どもができるのか。
ゆとりで足りなくなったコンテンツを増やしても、情報を仮説を持って取りに行けないと意味がない。

○陰山委員
世界の子どもたちを相手に語り合うことが、ネットワーク・英語教育の成功があれば加速されてくる。
小学校から高校の教科書が端末に入れば、学びの形が変わってくる。
デジタル教材・ネットワークがシステマティックにどのように生かされるか?を議論すべき。将来像を考えるべき。

○三宅委員
「本年度中に教育情報化ビジョンを出す」と書いてあるが、7章は行間を読めばわかるが行間読まなくてもわかるように。

○西野委員
情報活用能力の達成度の評価が必要
自然現象・社会現象をモデル化する力も、評価基準必要では?
未履修が多かったのは、世界史、情報の順。
情報科は2単位程度しかない。
OECDの国際成人力にICTを使った情報処理能力が入っているので、PISAにも加わるだろう。

○堀田委員
情報共有のための機器(デジタル黒板)、「全ての教室で導入することが望ましい」ではなく、「急いでするべき」とするべき
人と人とでディスカッションするという行為は人間の根源的なもの。それを助けるデジタル黒板は導入を。

○東京書籍 市川委員
指導者用デジタル教科書は進行形、学習者向けデジタル教科書はこれから。
紙面の中身をそのまま移し替える、というのを払拭していくべき。
声の対応、コミュニケーション・コラボレーションの支援、クリエーションを行うことが大事。今までの紙の教科書ではダメである。「今までの学習者用教科書とは全くコンセプトが異なるものにしなければならない」と書くべき。

○小城委員
100万人を超える先生がICTを活用するとなると、教育現場が変わる。
現場のリーダーシップがないと変わらないだろう。
民間でもICT活用したときにうまくいったときは社長が活用したケース。社長が理解せず情報担当に丸投げした会社はほぼ失敗した。
管理職が学校CIOで大丈夫か?校長がICTを体験し理解しリーダーシップを発揮しないと進まないのではないか。

○宮澤委員
学校現場からの改革に対するフィードバックについて書かれていない。
改善が見られるようなフィードバックループを。

教員サポート体制を作る前に、それらのサポート体制を。

○五十嵐委員
学校CIOは教育CIOと連携すれば大丈夫。教育委員会のビジョンが学校に届けば大丈夫。
学校経営の計画の中に情報化を明示する。
自治体→教育委員会→学校のビジョン・戦略を。
モデル事業の例はあるので、それらを普及していくべき。

○中村委員
7章総合的な計画的推進、推進体制の構築が重要。
関係協会、地域、学校と協力としていってほしい

デジタル教科書教材協議会を発足。
デジタルならではの全く新しい教科書を。

○堀田委員
ICT活用、うまくいっているところは管理職研修がうまくいっているところ。

○馬野委員
世界最先端IT国家を目指した国にしては内容が淡泊。
時代状況・背景が不足している。
1980年から臨教審で教育の情報化が指摘されているのにうまくいっていないのは何故か?
アメリカは「危機に立つ国家」という連邦報告書で議論に火が付いた。
臨教審で議論が始まったときはJapan as No.1の出た後で危機感がなかった。
10年間で、生徒の学力・国際競争力が低下している。
危機感を多くの国民が共有するのが重要。
これまでの歩みと国際比較を序文に。

○関口委員
今までのやり方と変えて、日本の競争力を強化するべき。
用語の確認。
「教育の情報化ビジョン」「学校教育の情報化ビジョン」どちら?

○文科省担当者
「デジタル教科書教材」、「電子教科書」どっち?
「学校教育の情報化ビジョン」ただ、地域・家庭との連携もある
「電子化」、「デジタル化」は検討していない。

○鈴木副大臣
10年前のWTOの話。electric device, degitalized contents
CD-ROMはものか?サービスか?という議論で、degitalized contentsという新概念が提示された。

○関口委員
韓国の話はCD-ROMベース。ここで議論しているのはネットワークにつながるもの?
違いを明確化して欲しい。

○文科省担当者
「電子」という言葉と「デジタル化」は違いがあるが言いたいところは分かる。

○鈴木副大臣
ハードのデバイスとしての議論が進んでいることに懸念。
degitalized contentsはコンテンツとしての教科書のデジタル化。
端末の話をしているのではない、という意味で電子よりdegitalized text contentsの方が良いのでは?

○中村委員
2010年に学校情報化がどうなってくるのか?をイメージするべき。

○陰山委員
教育の平等と地方分権が難しい問題。
都道府県教委・市区町村教委・校長の責任が整理される形で現場に降りてくれないと、議論が進まない。

○新井委員
危機感を書くか書かないか、について
20世紀から分数が出来ない大学生を数学では危機を持って取り組んでいる。
「変えなきゃ」でドリルなど表面的な対応しているのは問題。
中身のない危機感のあおり方は問題。

○重木委員
情報活用能力の育成にストレートに結びついているか分からない。
「教育の情報化に関する手引き」を読んでみた。ITのリテラシ的なところが中心。根源的な情報そのものを活用する能力に対する視点が弱いのではないか。

○関口委員
昔高校理科教員だった。理科教育振興法で実験機材を買うのが助かった。
国としてのメッセージとして理科教育を振興していくというメッセージだったのでは。
今は地方交付税からしか教育のお金をとれない。情報教育振興法を。

ICTを使う情報教育と使わない情報教育があるが、必ずしも情報機器を使わなくても計算機の仕組みの教育含めて出来ることはあるのでは。

○堀田委員
「教育の情報化に関する手引き」(情報の教育に関する手引き?)は今に合わせたリファインを。

○新井委員
子どもたちの学習履歴の管理について。
校務の中に学習履歴の管理を入れると、誤読されると管理教育と取られる恐れがある。成績のための学習履歴の管理と読まれるのでは。履歴管理の文言を一部除いて。
A3の概要。
学習履歴の管理を除く。
家庭地域との情報教育とは?「学校ウェブサイトの充実による」と追加を。
地方公共団体で重要なのは、教育委員会・教育センターにおけるICT活用指導力向上の研修だろう。

○五十嵐委員
大学教員も大きな力添えをしてもらっているので、落とさないで。

○玉置委員
授業はどう変わるんですか?と現場の先生に聞かれる。
・一人一人の特性にあった学び
・協働学習による学び合い
とは?具体的イメージは今後出るのか?

○村上委員
「教員同士が自主的に開発した教材を通して学び合う場」について。デジタルネイティブな教員が30代に達した。教員が開発したものを教員同士が学び合う場が重要ではないか。
授業ノウハウを共有し、授業そのものを動画で学び合うプラットフォームであろう。

○鈴木副大臣
悩みながら走りながら考える分野。
情報という言葉は多義的。data,information,wisdom…
世の中全体に対して、どうコミュニケーションして説明していくか、難しい課題。
今日出た意見は骨子案に反映する。
現場をイメージしたワーキンググループを作っていく。意義をどう展開していくか、どうすればスムーズに適切に進むのかを議論する。
懇談会の思いと共に、学校現場へトライアルしていきたい。

○安西座長
ワーキンググループが出来ても、懇談会で続けて報告してもらう。

○事務局
資料5 ワーキンググループの設置について
・教員支援WG(普及支援)
・情報活用WG(21世紀を生きていくための力について議論)
・デジタル教科書教材端末WG(実証研究を踏まえた議論を)
の3つを設置。
ワーキンググループは非公開

懇談会は夏休み後

広告
カテゴリー: 教育 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中