語感やリズムが楽しいハッとする絵本3冊

この記事は子育て 読み聞かせ Advent Calendar 2013 – Adventarに参加しています。

まさか、パーフェクトRubyの感想を書く前に、まさかの読み聞かせアドベントカレンダーに参加することになりました。

我が家には3才児ともうすぐ半年になる二人の娘がいます。 特に上の子は(娘にとっての)祖父母から、メルヘンハウスのブッククラブというサービスで毎月絵本が届くので、 数々の絵本を読んでもらうのが大好きです。

ブッククラブは、絵本の専門店の店員さんが、年齢に合わせた絵本を選定して送ってきてくれるもので、定番どころだけではなく自分ではなかなか手を出さないような絵本も届けてくれます。

そんな中で、我が家に届いた印象深い3冊の絵本を紹介したいと思います。

だからこぶたちゃん

だから、こぶたちゃん (こぶたの赤ちゃんシリーズ)
北山 葉子
偕成社
売り上げランキング: 429,943

おとうさんはぶた、おかあさんもぶた。だからぼくはこぶたちゃん。

絵本ナビの紹介 にもあるように、0才児〜でも読めるシンプルな絵本。リズムがとても軽快で、聞いている子供を飽きさせません。

でも、引用したように、こぶたちゃんがこぶたちゃんであるという意味について書いているのは、ちょっぴり哲学的。「おおきくなるまでこぶたちゃん」という締めもトートロジーっぽいですが、小難しい言葉をこねくり回さないで、こぶたちゃんはこぶたちゃんなんだよ、ということを教えてくれます。

大きくなった娘は、「ぶーぶー」と合いの手を入れてくれるようになりました。

ころころころ

ころ ころ ころ (福音館の幼児絵本)
元永 定正
福音館書店
売り上げランキング: 22,901

たぬきのじどうしゃ

たぬきのじどうしゃ (はじめてよむ絵本)
長 新太
偕成社
売り上げランキング: 271,955
広告
カテゴリー: 雑談 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中