kawasaki.rb #006 を開催しました #kwskrb

去る2013/11/27にkawasaki.rbの第6回を開催しました。
togetterはこちら

@kon_yuさんの”Appiumを使ったiOS(Android)受け入れテスト”

テスト自動化フレームワークであるAppiumを使うことで、Rspecを書いてiOSの検査ができます。更に、スクリーンショットを自動で撮ることで、デザインのレイアウト崩れなどの検査をしやすくすることができます。

実際に動いている動画を見ると、なるほど!と思うので、こちらを見ると良いと思います。

chezouの”Rubyと機械学習”

タイトルは大分大きく出ていますが、最近訳した記事の興味のベースになっている話でも有ります。
なぜ、PythonではRubyに比べて、科学計算が活発に行われているか?という点に対して、NumPyやSciPyといった数値計算のライブラリが活発に利用されているから、Railsで機械学習を扱えるライブラリがあまりないから、という話をしました。

余談ですが、会場に使ったお店は、予約の段階でプロジェクターを使えると聞いていたのですが、当日現地に行ったら、「持参したプロジェクターを使えます」という話にすり替わっていました。。。

広告
カテゴリー: Ruby タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中