Julia100本ノック

Julia vs Python: ビットコインオプションのモンテカルロシミュレーションに引き続き、100 numpy exercisesという、面白いnumpyの練習問題があったのでそれのJulia版を作成しました。
実際には46個しかないのと、numpyの便利関数がなくて挫折したものとかいくつかありますが、pythonistaな方々はオリジナルと比較してJuliaの世界に来ていただければ楽しいのではないかと思います。

この話で得たものをまとめて、JuliaTokyo #1 – connpassで発表してこようと思います。
コードは最後にgistのを貼るとして、発表するための雑感をメモしておきます。

調べるべき所

numpy, matlabとの比較

  • matlab, numpyは歴史があるため充実した便利機能が沢山あることを実感
  • Matlabはおろか、Pythonよりストイックな感じ
    • 「Matlabである○○はありませんか?」「No!それ高速に処理できないだろ!」
    • “removed pascal(matlabであった関数)”
    • 「これあると便利だと思うんだけど」「IMHO 一つのことを複数のやり方でやれるのはどうかと思う」
  • たまに、独自の関数名をつけてきて辛い
    • argmaxならわかるのにindmaxってなんだよ(2014/06/22追記:argmaxにrenameされそうな動きがあるようです)

code

[2014/06/22追記]
– レポジトリを作りました。最新のものはこちらをどうぞ https://github.com/chezou/julia-100-exercises
notebookを見えるようにしました。nbview便利すぎる

[2014/06/24追記]
MLに投稿しました。結構array comprehension使えという話が多く、vectorizeしない方がいいんだよ!というツッコミが新鮮です

広告
カテゴリー: program タグ: , , パーマリンク

Julia100本ノック への1件のフィードバック

  1. ピンバック: #JuliaTokyo 01で「Julia100本ノック」を発表してきました | once upon a time,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中